私のネットゲームの原点 KOC Kingdom of chaios がサービス終了だって。
でで君に教えてもらいました。

まあ、今まで続いていたのが不思議なくらい
ネットゲームの走りというか、なんというか

なんでもコンピューターがやってしまう今のゲームからすると
ローテクの極み(笑

でも、メールゲームとかで遊んでいた当時の私には
はじめてのネットゲームとして入りやすい世界だったのかもなーと思います。

当時作っていたサイトは、消失してしまって
このブログには全然残っていないのだけれど、

今思い返すと懐かしいな〜♪

元祖 朱炎の瞳の表紙
001


所属していた国家 カーシャ 【無神領域】ニヴルヘイム サイトの表紙
002



6月1日から終了までは、無料で遊べるらしいので
でで君と待ち合わせて、チラっとあそびに行くかも。

miruru07-w

ティム=ローレンツ氏 作画

KOCでのキャラは、もっと大人っぽい設定なので、
うまくRPできるかどうかは、わかりませんが。

ちょっと楽しみです。


KOCキャラ設定、こんなでした。


miruru03   miruru14


レフDD氏 作画


P C 名 : ミルル・ファラ  性 別 : 女  種 族 : デーモン ルーツ : 戦士
  二つ名 : 朱戦姫  誕生日 : 9月9日  星座 : グリフォン
  住 所 : カーシャ/ドラッセ/エリア6/No.7

【関 係】

  恋 人 : レフDD 火の精霊
  謎 兄 : シンヤ・スオウ
  義弟妹 : シルキー・バーン 烈&エリクマール カルタス
  父 親 : ベヴァン・ファラ 闇エルフ (行方不明)
  母 親 : アイル・ネ・ファラ  魔族 (死亡)
  祖 母 : エリド・ネ・ラウェロック  キメラ (死亡?)
  異母妹 : ティティ ワーキャット (生死不明/本人は存在を知らず)
  ペット : 銀牙 ケルベロス (雄/気性が激しい)

【ステータス】

  役 職 :
  レベル : Lv.46 HP48 攻25 防30 知30 (素手)
  装 備 :ファブニール(+5/+1) 氷雪の刃(+6/+2)
       エターナル・ソウル(+1/+5) †Fortune†(0/+3)
  スキル: 楯使い,調教,気配消し,カウンター,地形効果,魔法防御
  魔 法: キライダーズ五連撃 / VermilionStorm / †Requiem†(ラ・デルフェスLv9)
        VermilionImpact (裏奥義爆裂功覇Lv10) / †朱炎† (天魔爆炎Lv10)
  仕官国 : 在 野
        在野 バルハラアジト(2003.12/)
        天空の神殿 北西大明神(2003.12/22〜12/24)
        ネウガード・STRIDER(2003.12/11〜12/19)
        在  野(2003.11/21〜12/11)
        カーシャ 【無神領域】ニヴルヘイム(2003.11/14〜11/20)
           (旅行一時中止)
        ボルホコ山 フレッドバーン領ボルホコ山(2003.10/22〜11/11)
        フリージィ 野良猫国家フリージィ(2003.10/13〜10/19)
        カーシャ 【無神領域】ニヴルヘイム (2003.9/27〜10/9)
        ボルホコ山 傾奇者の風流皇国(2003.9/10〜9/25)
         カーシャ 【無神領域】ニヴルヘイム (2002.3/?〜2003.9/6)

  所 属 : ヤクザの本部 (カーシャ/魔都ジャネズムエリア893/No.8)
        カルアセレミス (ハルベルト・チーム)

 【カーシャでの職歴】

       銀狼師団フェンリルナイツ・アウルゲルミル部隊長
       銀狼師団フェンリルナイツ・師団長補佐
       突撃師団 ミストルテイン隊員
       カーシャタイムズ・副編集長
       カーシャ軍フレズヴェール統括補佐

【ミルル・ファラの人生】

・入国1ヶ月後、隊員募集していた攻撃師団(銀狼師団フェンリルナイツ)に入隊。
・志願してアウルゲルミル部隊隊長の任に就く。
・やっとの思いで購入した小屋を売却し(2002.10/15)
・知人の好意によりガレーナの大農場にて下宿生活。副業として農業を営むことを決意。
・また、師団の上官であるレフDD氏との交際が発覚し、国内で多少の波紋を呼んだ・・・らしいw(爆
・初収穫後(2002.11/28)、レフ氏とドラッセ【殺神領域】の大農場にて共同生活開始w;
・思うところあってレフ氏とともに旅に出ることを決意。仕事の整理等にかかる。(2003.12)
・師団長カーマイン氏退団に伴いレフ氏が師団長に就任。同時に補佐の任に就く。
・軍務体制改変のため、レフ氏、ルーナエ氏とともにカーシャ軍フレズヴェール統括補佐に就任。
・天涯孤独だったみるるだったが、生活が安定し、知人が増えてきたためいつのまにか義理の家族が増えてきた。(2003.7/13)
・出奔間際、カーシャのボルホコ山侵攻戦勃発。
・開戦に関して非難する意見をしたため会議室が混乱する。(2003.9/5)
・カーシャ出奔(2003.9/6)
・築城の手伝い等のためボルホコ山入国(2003.9/10)する
・一時停戦状態だった戦争も、凹山の中継地攻撃によって再開戦。呪竜により陥落。
・呪竜王の国民全員追放によって国外追放される。(2003.9/25)
・祖国カーシャに呪竜が召喚されたため、手伝いのため密かに帰国。(2003.9/27)
・その後再び旅立ち、フリージィ、ボルホコと旅する。
・旅先でバルハラ城塞がカーシャに宣戦布告(11月大戦)の報を聞き帰国。(2003.11/13)
・レフ氏が呪いの丘に登るのを見送る(2003.11/18)。
・自分も大罪人として生きることを決意。カーシャへの攻撃を一時的にでも逸らせるなら・・・と、後を追う
・ガレーナに呪竜を召還(2003.11/21)
・【無神領域】ニヴルヘイム陥落(2003.11/28)。城門前、瓦礫の影に蹲って陥落の模様を見る。
・召喚した呪竜消滅(2003.11/29)。カーシャの城門は堅く閉ざされ入国叶わず
・祖国の復興開始を見届け、しばしの休息のため永久凍土の原野に歩み入る。
・レフDD氏がカーシャを出奔、迎えに来てくれたため(?)旅を再開することにする。
・先の戦いでの支援への感謝と内政の勉強のためトラテペスへ入国願いするも
 大罪人であるため叶わず
・大罪人を受け入れているネウガードへ入国。(2003.12/11)
・仕様変更された天空の神殿に見学入国。周囲に心配をかけてしまったw(2003.12/22)
・11月大戦敗戦国による忘年会(神殿&呪竜大量召喚&アジト)に参加。
 バルハラに2度目の呪竜召喚。
・アジトに入団。バルハラ城塞攻撃に参加。(2003.12/28)

【設定と過去】

外見は、肌色/淡褐色 髪色/金茶 瞳色/緑。年齢不詳。
外見から10代後半〜20代前半だと思われる。身長はやや高め / 体重は・・・ほどほど。
よく鍛えた筋肉質の締まった体型。一応、出るべきところは出ているらしい(汗

長い髪をゆるい三つ編みにし、背中に垂らしている。
頭から螺旋模様の角が2本、逆U字に肩近くまで伸びている。
怒るとエメラルドグリーンの瞳は炎のように赤く光る。

日常の服装は、軍服、プライベートでは質素なロングワンピース。
装飾品や肌触りのよい衣装にも興味がないことはないのだが、
生活するだけで精一杯なため購入するゆとりはなく、実用本位。

チャイナドレスを買ってもらったらしくお気に入り(爆

性格は、頑固、真面目、忍耐強い。普段は口数が少なく、無表情、人見知り。
口調は正式な場では丁寧。友達同士では普通。
平静を装っていても内心は不安を隠していることが多々ある。

心を許した人にはお茶目な一面を見せることもあるらしい。(一応、シリアスな設定なのに・・・崩壊傾向アリ)

 子供の時に、母が何者かによって惨殺され現場を目撃。
父は彼女を一人残したまま、復讐の旅に出て行方知れず。

凄惨な死に直面した恐怖と、父に置き去りにされたという思いが、
現在でも深く心の傷となって残っている。

 その後、隣家の世話になりながら暮らしていたが、
その家の主人とのある事件がきっかけで家を飛び出し、独りで必死で生きて来た。

様々な傷害や裏切り等を受け、一時誰も信用できなくなり、荒れた不良少女時代を送る。
まあ、公にできないことも色々体験しているw

次々に身に降りかかるトラプルから身を守るため、見よう見まねで剣を覚えた。
やがて、一人の青年剣士と出会うことで、反発しながら生きることに空しさを感じるようになる。
そして神に頼り逃げることなく、自分自身の力で生き抜くことを決意。

ふらりと立ち寄ったカーシャの地が気に入り定住。心機一転ここで何かを掴もうとしている。

人間関係は、人見知りなため、交友関係はそれほど広くない。 
これまでの経緯から、他人へは親しみよりむしろ恐怖を感じてしまうが、
心の奥底では常に孤独感に苛まれており庇護者を求めている。 

もともとは弱い人間なのだが、普段は強がってみせているようだ。

新任官当時に戸惑いを感じたため、新仕官者へは積極的に声をかけるように努めてはいるが、
世間話やお喋りなど得意ではないため、自ら進んで話しかけることは少ないし
、本音を漏らすこともほとんどない。

しかし、一度心を開いた人には、心の奥深くまでをさらけ出して見せてしまう。

剣は、正式に習ったわけではないが、旅の途中で知り合った剣士から手ほどきをうけた。
一応鍛えているため、ある程度の攻撃力はあるものの、
体力と腕力はさほどではないため、瞬発力と機敏さを生かした戦い方。
特殊攻撃などは持っていない。地味でも確実にがモットーw

正式に訓練を受けたのはカーシャに仕官してから。
銀狼師団フェンリルナイツ入団後。最初は馴れない訓練に、体中痣だらけにして悲鳴を上げていたが、
次第に馴れて、ほどほどの力は発揮できるようになった。

志願してアウルゲルミル部隊、部隊長の任に就く。
しかし、女性の筋力では到底男性の攻撃力には及ばないことを実感。
部隊員の猛者連中を自分以上の実力者に育て上げることに楽しみを見いだす。

魔力は、デーモンという種族上、平均以上の力は持っているが、
剣技の方を好むために、まだ充分に開発されていない。

 彼女が操る魔法は母親の家系に伝わる独特なもの。
発動の呪文は、古代語の長大な韻文の形をとるため、すべてを唱えるのには何時間もの時間が必要になる。

しかし左手の所作で精神を集中させ、書かれた韻文を強くイメージすることによって、
数個の短い言葉を発するだけで、すべてを唱えたと同じ効果を出すことができる。

それらの魔法には、特に名前はついていない。
螺旋状に渦巻いて飛ぶ炎。ダイレクトに指先から発する場合と、剣に乗せて刃先から発する場合がある。

  裏設定 母方の祖母エリド・ネ・ラウェロック(故人)は、
ラウェロック家の末娘に生まれたが、極度の内向的性格のため屋敷での暮らしが苦痛になり、
とある森にひっそり隠れ住んでいた。薬草研究者で、研究書や小説の執筆をなりわいとした。

一人娘アイルを儲け、薬草の秘技を全て娘に伝える。
後に にアイルが惨殺されることになるのは 伝えられた知識の中に何か重要な秘密があったためらしい

 また、本人は知らないが、腹違いの妹がいるという……w


◆ 国内イベント 【美女 IN カーシャ】 に提出した身上書 w

     名前 ミルル・ファラ  種族 魔性の女(でーもん)
     年齢 不詳 外見10代後半〜20代前半
     身長 やや高め  体重 ほどほど
     B・片手に余・・・(口ふさがれ
     W・両手で掴め・・・(鼻つままれ
     H・Bより少し小・・・(連行〜
     1 得意料理 実用本位のため特になし。ただパンにはこだわりあり。
     2 ペット 猫系の動物。山猫、ジャガー、ビューマとか(汗
     3 好物  美形男女の生き血、酒
     4 水着 レザー風生地のワンピース、色は黒、パレオなし。
     5 恋人 なし。

◆ 会議室「貴方はいったいどんな人?」に書いたPC設定

名前 : ミルル・ファラ
性別 : 女
種族 : デーモン
ルーツ : 戦士
身長 : 166cm/体重:44kg 
特徴 : 逆U字の角 緑瞳(怒ると赤) 金茶色の長い髪(緩い三つ編み)
服装 : 日常は軍服w ブライペートでは質素なロングワンピ
性格 : 頑固、真面目、忍耐強い。口数が少なく無表情、人見知り
家族 : なし  本人は知らないが腹違いの妹がいるらしい(謎 
恋人兼保護者(ぇ : レフDD
幼い頃に母が惨殺され、父は行方知れず
隣家で世話されて育つが、ある嫌悪すべき事件がもとで家を飛び出す
そのことがトラウマとなって誰も信じられなくなり荒れた子供時代を送る
行き倒れ寸前を助けてくれた傭兵から剣を習い、
自らの力で生きることを教えられる
その後ふらりと立ち寄ったカーシャが気に入って住み着いた
何かを変えられるかもしれないという気持ちで銀狼師団へ志願
人々との出会いによって少しずつ心の傷が癒されつつある