作家の 栗本薫さんが、亡くなりました。

グインサーガはもう長いこと読んでいました。
最初、読んだのが第2巻で

1巻が読みたくて、探し回ったけど手に入らなくて
しばらくしてから、30巻くらいまで
まとめてお取り寄せして。一気読みしました。

一日に3巻くらい、夢中で読んでいたな。
ご飯食べる時も、電車の中でも 寝床でも
いつでも、読んでいた感じでした。

それから、書店で見つけたら
間の巻が抜けてても、とりあえず買ってきて、
揃ったら、読み、また揃ったら読みという感じで
やっと、既刊分を読み終えて、

それからは、新しいのが出るのを
心待ちにして買っていた。

お話しの途中では、
あまりの進行の遅さに流し読みだった部分もあるけど、
ほんとに、ほんとに長い間いちばん大好きな本でした。

魔界水滸伝もいいなぁ
ちょっと気持ちの悪い場面も多かったけど、
全部読み切れてはないから、いつかまとめて読みたいです。

それとね、あまり話題には出ないんだけど
「バサラ」 って小説があるの。
出雲の阿国の話で、3巻まで出て途中で終わってる。
古本屋さんとかで、たまに見かけるね。

そういえば、沖田総司の小説もあったか
「夢幻戦記」これは、数巻もってるけど
まだ最初のところしか読んでなかった。

なんか、色々楽しませてもらったな。

昨日のお昼に見たときは
まだ、栗本さんの個人サイトあったけど、
今はもう削除してしまったみたいで見られなくなっている。

(追記:その後復活したみたい。アクセス多くて落ちてたかな
  → ここ )

本人が自分で作っていたサイトで。
なんか、正直デザインがすごかったけど(笑

あくまでも、本を書く人で、
本を作る人ではなかったんだなー
と、実感できるような感じでした。

ここ一年くらいは、病状の報告が書かれていたので
時々のぞいては、状態を確認していて……

頑張られてはいるけれど、
抗癌治療の副作用が苦しそうで、
なかなか厳しい状態なんだなとは思っていました。

最後の更新は、4月28日で
ご主人の手術が成功したという報告でした。

その後、全然更新がないから、
どうされているか気になっていたんだけどね。

家の父親もそうだったし、ご近所の方もそうだったけど、
癌の末期状態は、最後の1ヶ月に急に悪くなるみたい。

たぶん、グイン・サーガの完結は無理だろうなとは予測はしていたけど、
やはり、それが現実となると、とても惜しいです。

最終巻 『豹頭王の花嫁』は幻になってしまいました。

なんか、とりとめもなく書いてしまったけれど、

サーガの語り部 栗本薫さんへ 
感謝と追悼の気持ちを捧げます。